So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜で95白スポと黄色のモンキーに乗ってる主婦。腰痛持ちの近場カフェめぐり~♪ 画像や文章を無断転用しないで下さ~い。

屋久島へ・11 [屋久島]

屋久島へ・10で終わるはずが11突入。自分にあきれるこの頃。
IMG_1920.jpg
取りあえず私は見れなかったウイルソン株の中からのハート[黒ハート]

ウイルソン株の中から見上げて写真を撮るとハートに写るってやつなんだけど
どこからでもハートに写る訳じゃ無くってポイントが有るらしい。
160㎝携帯カメラの次女は丁度で、165㎝一眼望遠カメラの長女は
かなりかがまないとハートに撮れなくて苦労したって。

さぁラストにしましょう。
次の日は海!シュノーケリングです。叔父さんが
「村の海で充分だよ。サンゴが綺麗なところが有るよ~」って事で村の海。
お盆が開けたので海に入れます。でもチョット怖い。
村の海は急に深くなっている。昔は海で泳ぐなと言われて川際で泳いでた。
まぁ村育ちのじいちゃんなんかは隣村の学校から泳いで帰って来たとか
言いってますが、カバンはどうしてたんでしょうね~(笑)
今は防波堤が沖に出来ていてサンゴはその脇だから大丈夫だって。
でもね~長女は大の水嫌いで泳げない。水で浮いた事が一度も無い。
次女は25m泳げるって言い張ってるが、どう見ても溺れる寸前?って感じ。
それでも見たいらしいサンゴと熱帯魚。引っ張るのか?

また昔話。5歳の頃。よく一人で海で熱帯魚すくいをやっていた。
空き缶一杯に熱帯魚。5歳の子が行ける場所でそれだけすくえてたんだから
昔はどれだけいたんでしょうね~で、家に持って帰る。
そのまま放置で翌日全滅。小さいフグだけ生き残ってる。
何で死ぬのか分からなくって毎回同じことをしてた。子供だったので許して~
しかも生き残ったフグは庭の池に放してた気がする。山の湧水の池[あせあせ(飛び散る汗)]
熱帯魚もウミガメもイルカも普通に居たよね~
でもまぁ今回川に降りてみてチョット「んっ?」と思った事。臭い。
叔父さんに聞いたら「もうそこの川は汚いよ。そこの堰の上まで行けば大丈夫
堰の脇から生活排水流れてるから」ビックリだ。
見た目は透き通っててとても綺麗。でも・・・自然は壊れていくんだね。

あ~こうしてまた脱線。終わらない。シュノーケリングだ。
夜中にね大雨が有ったんで海濁ってます。波も有る。
沖にある長い堤防の内側にあるT字の堤防。右下から入って行く
浮輪の子供達。波に押し戻されてチットも沖に行けない[あせあせ(飛び散る汗)]
見かねた叔父さんが次女を引っ張るそれに掴まる長女。うねりの有る海。
さすがの叔父さんも沖に行けない。取りあえず次女だけ引っ張って沖に連れて行く。
沖のハシゴに次女を捕まらせておいて戻って来る。
私はと言えば・・・水泳って足首使うのね。捻った右足首。痛いです[あせあせ(飛び散る汗)]
横に長いシュノーケル時に使える浮輪をお腹の下に入れて泳ぐ。
自分だけなら何とかなるが次女と違って全く泳げない長女は役に立たない。
引いて泳ぐけどうねりに戻され沖に行けない[あせあせ(飛び散る汗)]
戻って来た叔父さんが長女を引き私が押して何とか最初のうねりを超えた。
叔父さんすでに疲労困憊[あせあせ(飛び散る汗)]それでも二人を引いてT字の右腕に

いつもならT字の右の先端辺りで綺麗なサンゴが見られるんだけど
この日は海中を覗いてもうねりで泡立ってて全然見られない。なのでT字の上へ向かう。
T字の右端をかわした辺りで「んっ?」次女の浮輪おかしくないか?
空気減ってる。慌てて叔父さんを止めて確認。やっぱり抜けてる。
次女プチパニック。なだめて裏側の空気弁を探し出すけど口が引き抜けない。
そのまま無理やりつぶして浮輪ごと口で覆い息を入れる。入んない~[あせあせ(飛び散る汗)]
必死で入れる。酸欠。しかも波がうねるので潮を飲む[あせあせ(飛び散る汗)]
屋久島の海って湘南や伊豆の海よりずっと塩辛い。海流が違うのか?
なんとか8分目くらいまで入れて先に進む。しかしまた抜ける。入れる。酸欠。
そしてまた抜ける。もうこれはどこか破れてる。入れても入れても膨らまない。
パニックな次女がしがみつくから更に空気が入らない。ドンドン抜ける。
流石に酸欠が凄すぎて私がやばい。「こっちへおいで」
私の浮輪は横長で二人まで乗れる。なんなら私は無しでもいい。
そこへまた救世主。ウチのじいちゃん。
まだ膝が痛くて海に入らなかったじいちゃん。様子を見に堤防まで来てた。
見に来た時が最初に浮輪を膨らませてた時。「こりゃやばいかも」
そう思ったじいちゃんは慌てて家に戻りもう一つの浮輪を取って来た。
「いくぞー!」と新しい浮輪を堤防の上から投げる。叔父さんが取りに行き
次女無事に浮輪装着・・・疲れた~[たらーっ(汗)]

T字の右端を回り込んでチョット行ったらもう大きな堤防の内側で穏やか。
子供達も一人で泳ぎ出す。私はグッタリ。酸素は大事。きっと今血中酸素濃度
高山病並みに少ないぞ。浮いて休んでたら波に酔った。吐きそう[あせあせ(飛び散る汗)]
『今ここで吐いたらコマセだな。魚来るかも』とか思いながらも飲み込み泳ぐ。
うねりが無くなった海中が見え始め、叔父さんが前方を指さす。
そこには色鮮やかなサンゴと熱帯魚。[ぴかぴか(新しい)]
防水のカメラを持ってこなかった事を後悔。こんなトコにこんなにあるの?
この堤防は私が10歳くらいで来た時には出来てたかな?40年?
そのくらいでこんなに育つんだ~大丈夫。まだまだ屋久島の海は豊かだ[るんるん]

青や黄色や赤の色鮮やかな熱帯魚。白いサンゴ。青緑のサンゴ。
シュノーケリングのポイントみたいに周り中熱帯魚って訳にはいかないけど
充分満足。そこへツノダシ。黒と黄色の縦縞(んっ横縞?)長く引くツノ
分かり易く熱帯魚って感じの魚。子供達大喜び。私はネオンブルーの子が好き。
ゆっくり堪能したあとT字の左腕を回り込み岩場まで泳ぐ。
途中、腕にピリッと電気が走る。痛い。よく見ると透明に赤い点の何か。
「やばい!クラゲ!」横を泳ぐ長女に向うに行けと指示。
自分も逃げるけど動くたび腕に痛み。いっぱいいる。やばい~[たらーっ(汗)]
なんとかクラゲ集団を抜け岩場を上がり堤防に登る。痛い~[たらーっ(汗)]
聞いたら叔父さんも両腕やられてた。けど子供達は両方無事。
またしても神のご加護は子供限定。うん。うん。分かってますよ。
今回屋久島に呼ばれたのは子供達。私は他を引き受ける役目。多分そう。

後から浮輪を見たらパックリ裂け目。結構水も入ってた。かえって重り。
「ハシゴに掴まって待ってる時、ハシゴに貝が付いてて、切れちゃうから
気を付けてたんだけど一回波でぶつかっちゃって、その時切れたかも」
そうかもね。

家に帰ってシャワーを浴びて、帰りの準備。そう私は一足先に帰る。
一緒に屋久島に来た弟は休みが少なくって昨日帰ってる。
子供達はこの後、用事から帰って来たばぁちゃんと姉と叔父さんとで
島内観光の予定。じいちゃんは私を空港まで送っていく係。
時計回りで観光する子供達と反時計回りで空港に行くじいちゃんは
私を下した後、ぐるっと回って子供達と合流することになった。
どう見ても一緒に行きたそうなじいちゃん・・・しょうがない。
早めにあいさつ回りを済ませ早めに空港に行き、じいちゃんを開放した。

そして空港。狭いし暑いし、する事無いし時間だけ無駄に数時間ある[あせあせ(飛び散る汗)]
更に飛行機遅れる・・・鹿児島での乗り継ぎ間に合うかぁ~?
まぁそんな試練も何とか乗り越え無事横浜帰宅。で、帰りの飛行機の動画。
12分くらいあるやつ。暇な飛行機好きの人だけ見といてください。

そんな感じの屋久島編。長々お付き合いありがとうございました。
IMG_1883.jpg
ディズニー映画の木の怪物役ができそうな屋久杉さん

参加してみてます。よかったらポチっとしてみて下さいな

にほんブログ村


にほんブログ村

最近ダーツやってないのでこっちにしてみました。

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 2

コメント 2

影風響

 今日は、またまたお邪魔致しましたです。
等々完結しましたですね、最後の動画を見なかせら
第1話~最終話読み返しましたでよ~なんだか
じんわ~と涙が・・・・まるで一本の映画を観ているようで心に響きましたですよ~(^◇^)

 「今回屋久島に呼ばれたのは子供達。私は他を引き受ける役目。多分そう。」私もそう思いますよ、でもね
神様はもっと凄い事してたんじゃないですか~きっと
私思うのですが、gaachan さんが子供の頃に、五感で感じた物と同じ物を子供さん達に見てもらいたかったのでは、ないでしょうかね~。

前編通じて、楽しく・ハラハラ・ドキドキ・時にはセンチメンタルに、イヤ~なんと言ったらいいか。

とにかく、拝見させて頂き有難う御座いました。
バイバイ
by 影風響 (2016-09-27 13:55) 

gaachan

>影風響さま
こんばんは。
書きあがりました~♪
長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございます。
しかも映画のようなんて・・・嬉しいです。
へ(〃´∪`〃)ゞ
これからはたぶんカフェブログに戻りますが
またお暇なときにでも覗いてくださ~い。

by gaachan (2016-09-28 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。